へべれけ

ゲームとDTMと本と煙草と酒と泪と男と女

運用監視を抜けるためにエンジニアとしてどう働くか考えてるけど、もやもやしてる話

kazutakatohri.hatenablog.com 先日の↑の記事の続きみたいな感じ。
このまま運用監視を続けていたら、早晩、身体を壊すか、メンタルを壊すか、あるいは周囲を巻き込んで爆発四散しかねないのでどうにかしていきたい。
そしてこの〝どうにか〟という部分を具体化していきたい。

エンジニアとしてどういうキャリアを積んでいきたいのか

あるいはどういうエンジニアになりたいのか。
去年の転職活動している中で、そんな質問を何回か受けたが上手く答えることができなかった。
一応なりたいエンジニア像みたいなものはあるにはあるものの、↓みたいな感じだし。
mercan.mercari.com イケてて稼げてキラキラした感じで、まあ具体性も何もありません。自分でもそんなこと分かってるし、恥ずかしくて情けないので面接でも言えるわけがない。
仕事で使う端末はMacにしてくれ。ほんと頼む。

エンジニアとして何を勉強して、何をやりたいのか

一旦、稼ぐこととかどこかに所属するという話を抜きにして、エンジニアとして何をやりたいのかを間会えたら、作ってみたいものがいくつかあった。
自動化させたい作業があったり、Chromeプラグインを作ってみたいと考えてたりする。
そうなると勉強すべきはPythonRubyプラグインならJavaScriptか。
そう考えると自分は開発向きだったのかもしれない。

後悔は先に立ってくれない

実は昨年の転職活動の際、未経験ながらweb開発の内定をもらっていた。
だけど給与が下がることに加え、住宅手当が出ないことから当時住んでいた四ツ谷に住み続けられなくなり、会社の場所からしても実家から通える距離ではなかったので結局断ってしまった。
会社の雰囲気も少し怪しかったのもあるが(社長のTシャツの袖からちらちら彫り物が見えて大丈夫か?ってなったのもある)、現状を鑑みると果たして今の会社とどちらに入社した方が正解だったのやらと頭を抱えたくなる。少なくとも今の会社は不正解だった。
多少、給与が下がって通勤がきつくなっても開発の方に進むべきだったのか。それで正解かわからないが、少なくとも現状に後悔していることは事実だ。

この状況からどう抜け出すか

自分は社会人を始めるのが20代後半になってからと結構遅めだ。そして今まで運用監視とヘルプデスクでぐだぐだやってきて、この年齡でweb系などの開発にキャリアチェンジするのはかなり厳しいとは自覚している。
学校じゃないので努力の過程など評価されないし、「過程を評価してくれ!」なんて子供じみたことを喚いたら余計に悪くなるのは当然の帰結だ。結果を見せつけるしかない。
だとしたら前述の「やりたいこと」「作りたいもの」をプロダクトとして形にしたほうが説得力があるし、飛び道具としても扱える。
一方で「今勉強していること」と「今の自分のスキルセット」を上手く語れるようになるかということも大切だと思えた。
年齡を考えればプロダクトが無いと決定だにならないかもしれないが、あとはGitHubに草生やしまくるとかも。
進退窮まってきたら、DMM WEB CAMPとかG's アカデミーみたいな転職の斡旋もしてくれるスクールに駆け込むということも考えてる。正直、自分でも甘い考えとは自覚してはいるが。

そもそも俺はエンジニアに向いているのか

kazutakatohri.hatenablog.com 以前にも書いたと思うけど、意識が高くなければエンジニアなんてやらない方が良いと思えてきた。だが残念ながら人間は霞だけを食って生きていけるわけじゃない。
自分はエンジニアとしても作家としてちゃちゃっとデビューして食っていきたい。でも現時点で何も結果を出せていけない身としては、ただのワナビの戯言に過ぎない。投稿している間も生活を成り立たせなくちゃならないし、ともすれば心折れて書くことをやめてしまうことがあるかもしれない。残念ながら夢破れてゲームオーバーって人生はできていないし、ゲームオーバーになっても生活は続く。それに仮にデビューしたとしても、どちらにしろ兼業という形を取るだろうし、何よりお金はあったのほうが心身の健康に良いし生き易くなる。
それでも、今モチベーションがあるのは応募原稿>自己学習なのでどうにもエンジニアとして現状を打破しようと考えて入るが具体的に何か成果も出せてなければ、あんまり行動もできていない。(牛歩だがやってはいるつもり)
どちらかというとさっさとデビューする形で現状打破したい。ただもちろん前述のように兼業になるとは思うので、どちらにしろエンジニアとしての現状打破に向けてしっかりやっていったほうがいいとは頭では理解してる。

satton-infra.com このブログにあるようにCCNAを取れば運用監視の現場から引き上げてくれるのかもしれないが、俺がやりたいのはインフラエンジニアじゃない。というのも自分はもう物理サーバーも触りたくなければデータセンターにも行きたくない。エンジニアとして生きるなら開発にシフトチェンジしたい。でもどちらにせよAWSGCPは触ることになりそうだからCCNAは持っていても損はしないと思うけど。
その一方でやはり前述のようにエンジニアは一時の腰掛け程度にしか考えてない自分が存在しているし、これが好きだ! これが得意だ! 布教したい! なんて熱意や胸を張れるものも皆無だ。そんな立派なものを得られるような機会も無かった。
機会がなければ自分で機会を作れば良いじゃろがい!などと怒られそうだが、エンジニアとしての勉強よりも応募原稿を書くことに力を注ぎたい。そのためのインプットもしたい。ゲームもしていたいし、ゲームのブログ記事も書きたい。エンジニアやりながら同人やってたり、商業を兼業でやってる作家さんとか怪物かと思う。
頭ではエンジニアとしても作家としても両方成り上がられればそれで万々歳だけど、現実はそうはいかない。リソースも時間も限られている。
なんとかやっていきましょう。何をどうなんとかするのか、答えは出てないけど。

どちらにしろ、今はHPもMPも赤ゲージ状態

先日の記事でも書いたがとにかく今の業務環境が劣悪なので、心身ともに削られていってる。これをなんとかしたい。
シフト勤務や労働時間もあるが、パワハラモラハラが横行しているので現場の改善とか真面目にやるよりも、とっとと辞めてしまったほうが解決が早い。サーバーいじるよりも、職場で人間と接するほうが体力持っていかれる。会社に貢献しようなんて殊勝な考え方は皆無だし。
色々なんとかする前に、まずは自分の体調をなんとかしたい。

なんとかしていきましょう。俺も。あなたも。