へべれけ

ゲームとDTMと本と煙草と酒と泪と男と女

2016年度ゲーム遍歴

2017年も半月が経ったというのに、去年の話をするような図太さを身に着けていくのが今年の自分の抱負です。いざゲーミング新年。
去年は念願のPS4を買ったんですよ。やったぜ、これで最新ゲーム遊べるぞー。
そしたらしばらくして値下げされた挙句、PS4proなんて代物が出たり。やっぱりこういうとこで自分は間が悪いな、と。
タイトル通り、2016年にプレイしたゲームを振り返るよ。キリが無いのでコンシューマだけ。

Blood borne the old hunter

記念すべきPS4と一緒に購入したソフト。一番最初に買ったのにまだクリアできていないという体たらく。だって、ほうずき頭がっ。ほうずき頭がーっ。啓蒙が吸われるっ。おばかになっちゃうーっ。
で、月光目当てにDLCステージに行ったら今度はルドウイークにボコボコにされる始末。
ソウルシリーズと違って防御が毛先のキューティクルほどしか無い、という表現が個人的には好き。世界観もアクションもこちらのほうがスタイリッシュだし。
まだクリアしてないけど、是非とも2を作ってほしい。
あと、それ以上にアーマードコアの新作をだなフロム! Nintendoswitchでのタイトルは期待してるぞ!

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS sakura edition

知り合いが既にEVを持ってるけど新作だと勘違いして誤って購入したものを引き取った。というか改めて見るとややこしいよね。これじゃ新作だと勘違いする。
基本は無双ゲー。なんか無双ゲーって基本草刈りみたいなものだよね。何も考えずに草刈りしたいなーって時にぽちぽちやっていってる。正直アクションとしては単純作業の色が強いし、強いキャラとそうでないキャラの差に広きもある。キャラ多いからね。
調子に乗ってヤグラ壊さずにステージを進めていったものだから、途中でストーリーが進められなくなったものだから泣きを見た。こういう仕様はいらないと思う。
肝心のおっぱいは靄早エロいというよりも、あんまりにもやりすぎ感がすごくて馬鹿馬鹿しくて笑えてくる。

ギルティギアイグザード レベレーター

OVAを買ったら、オマケで格ゲーがついてきたよ第二弾。
石渡さんもようやくストーリーを進める気になったようで、ソルたちの物語は次を見せつつも一つの着地点に軟着陸したといった具合。
プレイし始めてだいぶ経つけど、未だにメインキャラを決めあぐねてる。基本、おっぱいで判断しているもので。
梅喧とアンサー(チップの付き人のあいつ)が新たに追加されるRev2も発表されたようで、
個人的には店舗特典によっては新しくパッケージを買おうと思う。

ブレイブルー セントラルフィクション

BBシリーズ最終章。気がついたら8年目だよ。
格ゲーってその気になればいくらでもシリーズを重ねていけるジャンルだけど、ここできっちりピリオドを打った森Pのエンターテイナー精神はベネ。
ただ、肝心のシナリオはキャラ増やした上に複雑に広がりきった世界観を強引な力技で畳みきった印象が強い。アズラエルとか「強さの秘訣は実はただの初心者狩りでした」だったり、ハザマはあれだけテルミに造反すると見せかけてしょっぱい最期だったり、バレットに至っては薄い本のほうが出番多いんじゃないかと。あ、TANABEさんとこのBB本は毎度お世話になってます。
ラストに出てきたミンゴスボイスのハクメンと思しきキャラなど投げっぱなし謎を残したままということ、そして森Pの「ラグナの物語はこれでおしまい」という謗法のインタビューでの発言から、今後は格ゲー以外の何らかの形でブレイブルーの世界観は展開されると思われる。
そんなこと早速NintendoSwitchのソフトラインナップにブレイブルーがあったよ。
あと、イザナミ作ったバトルプランナーは許さねえからなっ。

BLAZBLUE CENTRALFICTION - PS4

BLAZBLUE CENTRALFICTION - PS4

テイルズオブベルセリア

個人的にエクリシア2以来のテイルズ。キャラの思考と行動原理が敵も味方もみんなゴリラ。ゴリラ飼育員かと思ったキャラも徐々にゴリラになっていきます。
ベルベットの復讐をはじめとして、それぞれのキャラの目的が出会ってすぐにぶち上げられるのでシナリオが単純明快でわかりやすく、基本うじうじ悩まずサーチアンドデストロイなのでシナリオはわかりやすく爽快感がある。だが水の神殿、おめーは許さん。
戦闘に関しては状況がハマれば大技から大技へ繋いで永久コンボで殲滅することができるけど、ボス戦だとそれができない上に一度状況を崩されてSGが枯渇すると一気にダルくなってくるのが気になった。
ゼスティリアと関連はしてるようだけど、プレイしなくても世界観の理解は十分にできたよ。

よるのないくに

PS+のフリープレイであったのでやってみたけどホテルとダンジョンを行き来するだけの代わり映えのしない狭い範囲でしかないのに、移動がダルいという矛盾を両立させてるということに気付いたあたりで辛くなった。新しいことをやろうとしたのは認めるけど。
主人公のおっぱいは良かった。2が出るそうだけど、手を出そうか悩んでる。
それとこれに限らないけど、いい加減国内メーカーはVitaとPS4で同じタイトル出してグラフィックの方をVitaに合わせるのはやめてほしい。

よるのないくに アーナス 1/8スケール PVC塗装済み 完成品フィギュア

よるのないくに アーナス 1/8スケール PVC塗装済み 完成品フィギュア

なんか、フィギュアも不格好だし。

ダライアスバースト・クロニクルセイバー

ACモードだと画面はやたら小さいし、CSモードだと標準的な画面はちょっと物足りないし。
あとDLCのサントラも発売してほしい。それと家庭用ボディソニックも欲しい。とにかく楽しみ尽くすのに足りないものが多すぎる。是非ともアーケードに逆輸入してほしい。
とか思ってたら、またPS4用のパッケージを出してそこに特典としてまたサントラをつけるらしい。
えー、サントラは普通に単体で出して欲しいんだけどなー。

恋姫演武

お前は何年恋姫やってんだ。そろそろ結果出したい。
アーケードでは遼来々へバージョンアップされて、その調整に悲喜こもごもといった具合。これについでは余裕ができたら、またブログにしようかと。

恋姫?演武

恋姫?演武

バトルガレッガ rev2016

ブラックハート様、PS4に降臨。出撃!ガレッガ警察24時!
公式側も「ガレッガ警察」やロフトでのイベントを頻繁に開催したりと、良い意味でユーザーと距離が近く、発売前と発売後しばらくは一種のお祭りを催しているようで楽しかった。
ゲームの方も「誰がここまでやれといった」とつっこみたくなる程の充実のオプション。
変動ランク性で自爆してシビアなランク調製をしなきゃいけないという風評が独り歩きしてるけど、ランク固定性のアレンジモードやスーパーイージーモードでも十分楽しめる。

Titanfall 2

あったよ!アーマードコアの新作!(錯乱)
深刻なAC不足による飢えに喘いでいるレイヴン、リンクス、ミグラント傭兵諸君の代替食。
体質なのかFPSをやると酔うので敬遠してたけど、プレイして良かった。3Dシューティングに関してはひよこちゃんなのでキャンペーンしかやってないけど、このキャンペーンがロボとの熱いバディものでディ・モールトベネ。そりゃロボに「信じて!」って言われたら、もう信じるしかねえよ。
そんな日本古来のロボットアニメのお約束的なものを、洋ゲーがやると嬉しくもあり、どうして国内メーカーはこういうのやらないんだと寂寥感もあり。

積んでたりこれからやろうと思ってるゲーム

風ノ旅ビト
・ペルソナ5
ファイナルファンタジー15
・スパロボOGMD

ゲームする時間が切実に欲しい……