読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へべれけ

ゲームとDTMと本と煙草と酒と泪と男と女

AWSにzabbix3系をインストールする

技術

概要

AmazonLinuxにzabbix3系をインストールする。
LAMP環境は構築済み。php5.6系, mysql5.5系, httpd2.2系

手順

必要となるパッケージのインストール

yum install mysql-server httpd24 php56 php56-gd php56-mbstring php56-mysqlnd php56-bcmath

レポジトリにzabbix3系を追加

rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el6.noarch.rpm

zabbix3のインストール

yum install zabbix-server-mysql.x86_64 zabbix-web-mysql.noarch zabbix-web-japanese.noarch zabbix-get

MySQLの設定

# MySQLにZabbix用ユーザ作成
mysql -u root -p

mysql> CREATE USER zabbix;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> CREATE DATABASE zabbix;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON zabbix.* TO zabbix@localhost IDENTIFIED BY '<パスワード>';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> exit
Bye

MySQLにZabbixスキーマとデータを投入

cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.0.7/
zcat create.sql.gz| mysql -uroot zabbix -p

Apache設定 zabbix設定ファイルのコピー

cp /usr/share/doc/zabbix-web-3.0.3/httpd24-example.conf /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

php設定

# タイムゾーンの設定
sed -i -e "s/;date.timezone =/date.timezone = Asia\/Tokyo/g" /etc/php.ini

# Zabbix起動時のセキュリティチェック対応
sed -i -e "s/;always_populate_raw_post_data/always_populate_raw_post_data/g" /etc/php.ini

zabbixサーバの設定

vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf
115行目のコメントアウトを外す
DBPassword=<パスワード>

zabbixサーバ起動

service zabbix-server start
service httpd start

あとは画面に従って初期設定を行う。

初期設定終了後のログイン情報は以下の通り
Username:Admin
Password:zabbix