へべれけ

ゲームとDTMと本と煙草と酒と泪と男と女

GCP環境のdebianにPHP5.6をインストールする

概要と前提条件

立ち上げたばかりのGCP環境のdebianにzabbix3系のインストールを見越して、今回はapt-get installでインストールするphpのバージョンを5.6へ変更する。
apache2はインストール済みで。

手順

まずはレポジトリをいじる。

# add-apt-repository ppa:ondrej/php

この時、add-apt-repositoryがないと言われたら、software-properties-commonをインストールする。python-software-propertiesも必要なので入れる。

# apt-get install software-properties-common python-software-properties

再度、レポジトリをいじってapt-getをアップデート

# add-apt-repository ppa:ondrej/php
# apt-get update

そんでもってインストール

# apt-get install -y php5
# php -v
PHP 5.6.29-0+deb8u1 (cli) (built: Dec 13 2016 16:02:08) 
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
   with Zend OPcache v7.0.6-dev, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies

あとはinfo.phpを作成して、稼働状況を確認する。

# vim /var/www/html/info.php
<?php
phpinfo();

次あたりは、AmazonLinuxにあるphp5.3を5.6にアップデートしてみようと思う。