読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へべれけ

ゲームとDTMと本と煙草と酒と泪と男と女

ポリス・プロシーデュラルとロボットアニメの併せ技 ―月村了衛 「機龍警察」―

書評

最近、本を読む気力すら湧かない。
ちょっとこの状況のままにいると、取り返しのつかないことになりそうだから早々に脱却したいところ。
というわけでしばらく前に読んだ本から。

警察ものとロボットの併せ技といえばパトレイバーを彷彿させられるが、パトレイバーが野明たち現場要員の活躍と悲哀をコミカルに描いたものだとすれば、機龍警察では明確な主人公は存在せず(強いて言えば外務省から警察庁へ出向してきた沖津か)、警察内部での縄張り争いと捜査員による複雑な事件の捜査、突入要員たちは最後の最後で派手にテロリストたちと都心で戦闘を繰り広げる。
このような物語の流れは、最近で言うとシンゴジラをイメージしてもらえばわかりやすい。最も機龍警察はシンゴジラのようにスムーズな組織の動きは全くできていないけど。

内容は架空の現代日本。各地の紛争で大量破壊兵器の有用性が確立できなくなり、市街地戦を想定した近接戦闘兵器=「機甲兵装」が戦場と主役として台頭した世界。
国内初の機甲兵装による犯罪「狛江事件」を省みて、警視庁は対機甲兵装犯罪に特化した警視庁特捜部を創設。だがそこは、部長が外務省から出向組、さらには突入要員たちが外部スタッフ、しかも曰く付き傭兵だったりとトンデモな連中ばかりが集まる独立愚連隊だった。
海外犯罪組織や外資系企業を隠れ蓑とした<敵>と称される存在、謎と危うさしかない特捜部の人物たちの来歴などからキャラ造詣ありきの物語ではなく、かといって物語の中にキャラが埋没していくこともない。濁流のような激しいストーリーの中で敵も味方も登場人物たち全員が皆も全力でもがいている。
飄々としながらもどんな窮地に立たされようと諦めず<敵>に対し容赦しないパイロットの姿俊之と特捜部部長の沖津のブレない行動原理はハードボイルドであり、綿密で濃厚な警察という組織の吐き気がするほどの保守的な言動と、事件に対応する動きの描写、見えない<敵>の存在などはミステリでもある。
例えば警察内で犯罪に関する用語に様々な隠語が用いられているように、機甲兵装に対しても「キモノ」と隠語で呼ばれており、こういったところでも実にハードボイルドな警察ものらしさを表現している。

これだけなら、ちょっと堅めの警察小説にSFを混ぜ込んだだけでちょっとパンチが足りないと最初は思ったが、この機龍警察は強烈なまでのある種の「異質さ」を含んでいて、その異質さが機龍警察を機龍警察たらしめており、それが大きな面白さの一つになっている。
その異質さの正体は、戦闘シーンをはじめとした随所に散りばめられた、ロボットアニメ的のお約束、演出だ。登場人物の来歴からそうだが、物語も佳境に入りついに機甲兵装による戦闘が始まれば、そのような演出や設定が噴き上がってくる。
まず、特捜部に所属するパイロットは3人いるのだが、「昼行灯だが凄腕のフリーランスの傭兵のオッサン」「汚職で失墜したロシア人の元刑事のイケメン」「アイルランド系元テロリストの陰鬱美女」、そんな連中を引っ張る特捜部部長に至っては外務省からの出向者といった具合に属性てんこ盛り。ただでさえ極端に保守的な警察組織の中で厄介者扱いされている特捜部にこんなトンデモな連中が入って来れば、鼻つまみ者されるのがお決まりだ。もちろん、そんな鼻つまみ者たちが八面六臂の活躍をするのもまたお決まりだけど。
さらにこの3人が搭乗する機甲兵装もまた、龍機兵(ドラグーン)と呼ばれる特注のワンオフ機ということになっている。通常の機甲兵装と異なり、龍騎兵側の"龍髭"とパイロットの背骨に埋められ"龍骨"を神経接続することによって高いポテンシャルを発揮することができる。このため、ドラグーンを運用できる警視庁特捜部は他の機甲兵装を所持する組織よりも技術的に5年のアドバンテージを持っているとされている。どこのミスリルだ。
この神経接続を利用した龍機兵のみに搭載された「アグリメントモード」というリミッター解除機能はガンダム00トランザムなどを彷彿とさせる。しかも起動トリガーは「DRAG-ON」と音声入力することだ。もちろん使用するにあたってのデメリットも存在する。
また、<敵>と呼ばれる人間にも二つ名があったり、ドラグーンのメカニック担当のメガネっ娘の家族の仇がライザだったりと人物相関もとても一筋縄ではいかない。

そんなロボットアニメのお約束のような設定や演出をガチンコの警察小説の中でお披露目されると、違和感しか無いように思えるがこれがどういうわけかしっくり着ている。というのもやはり筆者の言葉選び、描写などの書き方が全体的に硬めで濃密だからだと言える。しっかりと重ねられた取材によって裏付けられたものと思われる警察という組織のあり方と動き方というかぶっちゃけ内輪揉めの描写は、戦闘シーンの光景が想像し易い映像的な文章表現力も読み応えがある。

多分、そのうちノイタミナ枠でアニメになるんじゃないかな。筆者の月村了衛さんはアニメ畑の人間だったし。
とにかく、『暗黒市場』と『未亡旅団』を文庫化してほしいところ。

機龍警察〔完全版〕

機龍警察〔完全版〕