へべれけ

ゲームとDTMと本と煙草と酒と泪と男と女

「地元の中華屋」という概念

気がつけば、ブログを半年以上も放置していた。

きっとあなたの地元にもあったであろう「中華屋」に思いを馳せることがある。 あのどこにでもありそうな赤い暖簾と「◯◯軒」という店名。営業してるんだかしてないんだがわからないくらいに暗い店内。1,2年前のジャンプかマガジンが揃えられていて、音量のでかいテレビが騒がしい。大抵、家族経営かバイトを雇っても地元の奴だったりした。自分は中学の頃には地元ではなく都内の私立に通っていたので、地元の小学生の同級生と顔を合わせるのがなんとなく気まずいようにも思えた。というか俺のことで有りもしない噂が流れていたらしい。◯すぞ。 土曜日や平日の休みの昼は大抵、その中華屋だった。 地元の仕事しているのかしていないのかよくわからんおっさんが、知人でも無いのに絡んでたりして、人見知りの俺はと言えば心の中でお前もチャーシューにしてもらえと思っていた。 俺の地元にもそういう中華屋があった。過去形だ。今はもう無い。店の大将が体調を崩し休業したと思ったら、そのまま癌で亡くなって閉店した。 俺が注文するものはいつもチャーシュー麺だった。小学生には味なんてわかるはずもなく、ただ単にラーメンと肉が食べられればいいというだけでチャーシュー麺だった。野球を始めて中学生にもなれば燃費は悪くなくなるもので、そこにチャーハンが加わることになった。 やがて「いつもの」と大将に言うだけでチャーシュー麺とチャーハンが出てくるようになってしばらくした頃、大将が「エビチリもどうだい?」と勧めてくれたことがあった。その大将のおすすめ通りに、その時はチャーハンとエビチリにした。 「チャーハンにエビチリをかけるとうまいぞ」と教えてくれた大将の笑顔は今でも忘れられない。そして言われた通りにチャーハンにエビチリをかけて食べた時の旨さも忘れてない。

大学生になって東京に出てきて、社会人になって一度地元の柏に戻って、また今年になって東京に出てきた。それまでにいろんな中華屋に連れて行ってもらったり、開拓してみたりした。有名人のサインが所狭しと並べられている有名ラーメン屋や中華レストランにも言ってみた。 だけど、どこにも「地元の中華屋」は無かった。

「チャーハンにエビチリをかけるとうまいぞ」と言ってくれた大将ももういない。あの地元の中華屋はもう無い。数年前に癌で亡くなってから店も閉めたようだ。おかげで実家の近辺で外食するにはわざわざ車を出さなきゃいけないくらい不便になってしまった。 今でもチャーハンにエビチリをかけて食べることがある。あの大将のエビチリよりも旨いチャーハンやエビチリも食べたことが有る。 だけど、地元の中華屋のことを思い返され味が上滑りしていく。

大手キャリアから格安SIM(MVNO)に乗り換えた話

新月が今月だったので満を持して、ソフトバンクからLINEmobileへと乗り換えた。 料金が雲泥の差だけど、安いなりには安いなりの、高いなりには高いなりの理由を感じられたので、後学としてちょっとまとめてみた。 格安SIMに乗り換えようかなーって検討している人の参考にもなれば嬉しい。

格安SIMのデメリット

TVCMとかで大手3大キャリアより安いことを大々的に宣伝されているけど、安いなりには安いなりの理由があって、安易に「安い」からと飛びつくとかなり痛い目を見るなーと思った。 というわけで、契約時に感じたデメリットを羅列してみたので参考にしてみるといいんじゃないかな。

  • 契約後、自宅などから電波状況が悪いということがあっても契約をキャンセルできない
  • 電話は基本的に従量課金(プランなどが用意されているMVNOもあるっちゃある)
  • 回線の最大帯域が制限されており、ピーク時間帯はかなり遅くなる。
  • というか通常時でも比較的遅い。
  • 基本的に料金はクレジットカード決済。
  • LINEの年齢認証ができなくなってID検索ができなくなる(LINEmobileを除く)
  • 端末を自分で用意する必要がある。そのためキャリアで購入する際に適用される割引は一切無い。
  • MVNOが提供、あるいは提携している端末も存在するけど、それ以外の端末は基本的に一括で代金を支払う必要がある。
  • 家電量販店で店舗受付はあるけど、そこでできることは相談だけで手続きなどは一切できない。(基本的になんらかの手続きはユーザーページが電話受付のみとなる)
  • 店舗で契約手続きをしても、SIMカードの挿入から何まで自分の手で行う必要がある。
  • その他、何があっても基本的に自己責任。

これらのデメリットは大手3大キャリアであれば店舗などでしっかり解決できることなので、判断材料にするといいよ。

自分のケースでは

今回ソフトバンクからLINEmobileに移行したんだけど、通信速度にさえ目を潰ればいい感じかな。 契約の際に端末も買い替えたので初期費用はそこそこかかったけど、月々の支払いはだいぶ抑えられるようになった。 20Gギガモンスター契約で月10000円→10G契約端末保証と公衆wifi付きで3000円ほどに。

ちなみに俺は新しい端末はこれにした。

また、LINEmobileの場合は1年縛りがあるので注意。こんな具合にMVNOによって細々とした条件が変わってくるのでしっかりと確認しよう。 ちなみに俺がLINEmobileを選んだ理由としては、Twitterパケット通信がカウントフリーであることと、LINEのID検索が唯一MVNOの中では可能であった点だよ。MVNOによって料金から特色までかなり差異があるので、しっかりと吟味しよう。特に一番変わってる所はリンクスメイトあたりかな。

格安SIMでやっていける人

繰り返すようだけど、基本的に格安SIMを利用するにあたっては「全て自己責任」であり、割りとリスキーな選択肢であることをしっかりと認識したほうが良い。 というわけで、以下のような感じで自分で自分のことを面倒見られる人が格安SIMでやっていけると思う。

  • とにかくわからないことは自分でググるという発想ができる人。ググレカス
  • iPhoneを使い続けるという強い意志と覚悟がある人。格安スマホということで、いきなりiPhoneからAndroid端末に移行するというのは絶対に素人にはおすすめできない。機種ごとに色々違ってくるAndroidはやめとけ。
  • LINEでID検索をしない人。上記でも書いたけど、MVNOは基本的にLINEでのID検索ができなくなると考えたほうがいい。
  • 電話をあまり利用しない人。ガンガン使うのであれば、結局大手キャリアのほうが安いというケースも結構ある。
  • その他、なにがあっても泣かずに自分で解決しようとする強い意志がある人。何があっても自己責任でございます。

安いなりにはちゃんと安いなりの理由があって、自分で色々と気を揉むことが多いのがMVNOの特徴。 逆に知見や行動力がある人にとっては、自分で問題を解決することで料金が安くなるというのは、選ぶ価値のある選択肢だと思う。

恋姫演武スタートアップ 遼来々編 今夜勝ちたい恋姫演武と今後の予定

kazutakatohri.hatenablog.com

アクセス解析を見たら、こんな放置気味のブログに結構恋姫演武についてググってアクセスしてくる人がいた。
掲載している記事が前バージョンの古いものではそんな人達に申し訳ないので、今回は新バージョンに合わせた形でキャラ紹介をしていきたいなと思う。いやほんと申し訳無い。

色々あった遼来々ロケテと今後の家庭用

スペシャルダウンという新システムが導入されたり、趙雲の遠距離Bの性能がだいぶ様変わりしたと思いきや全部撤廃。
昨今、バージョンを重ねる毎にシステムを盛ったりするゲームが多い中で、ロケテで新システムを導入しつつも本稼働で撤廃する判断力は評価できると思う。正直スペシャルダウンってそんなに恋姫っぽくなかったしね。

ごめんなさい、スペシャルダウンは一部のみ削除で今回から新規に導入されていました。ほんとすみません。
一方で趙雲の遠距離Bは従来の性能に戻りました。

なお冬恋でのディレクターの発表によれば、アーケードで稼働を開始した最新バージョンは夏頃を目処に家庭用でも出すそうな。ちなみにアップデートという形ではなく新しくパッケージとしての発売となる。値段は2000円前後とのこと。

迷ったらこのキャラ選んどけ 遼来々編

原作がギャルゲーなんだから、とりあえず自分のレバーに訊いてみればいいとは思うが、あんまりティンとこないのであれば次の3人から選べば、まず間違いではないと考えている。

孫権

恋姫オブ恋姫。一番扱いやすい女と言えば誰に訊いてもまず孫権が挙げられる。
とにかく通常技がどれも素直でなおかつ武器使用でアタックレベルも高いので、相手と技がかちあった時は一方的に孫権側が勝てる。
攻めの基本となる遠距離Bのリーチはそこそこ、2Bは下段技のため強い。2Aこそ上段ではあるが、他のどの通常技も癖のない性能をしている。
必殺技なら威信斬がとにかく性能が良い。横置しが強く、EXなら立ちAから繋がる。またA威信斬は必殺技にあるまじき硬直の短さのため、ガードされても相手キャラとゲージ状況によっては確反をもらわずに済むなんてこともある。
さらには、空中EX虎咆哮で相手の対空を潰すといった悪いこともできるようなっている。
飛び道具こそないが、そこは軍師でカバーすれば良い。今作から軍師の国縛りが解禁されたしね。

馬超

西涼失禁馬超
数少ない2Aと2Bの両方が下段というキャラ。恋姫というゲームではもうこれだけでもかなり強みとなっている。
必殺技も射程距離は短いが弾速も早くフェイントもかけられる旋風弾、横置しが強い閃空脚は空中でも使用可能で対空ずらしとしても有効。
また空撃襲(通称ばちょコプター)は空中に飛び上がる移動技であるが、このゲームで唯一のめくり判定となる技となっている。EXで使えば画面端からの脱出だけでなくめくり技ともなるので、アクセントとして使ってみるのも悪くないかもしれない。
他のキャラと比較して崩撃コンボの火力が高め。3Cがスライディングで姿勢も低くリーチもあるので、遠Bぶんぶんしてくるような輩に忘れた頃にぶちこめば案外当たる。
ただ崩撃コンボは少し練習を必要とする難度。逆を言えばコンボをしっかりできるようになるだけで馬超での勝率はアップしていく。

夏侯惇

バージョンを重ねる度に自重させられがちな哀しい女。
しかしながら夏侯惇において最大の強みである、「入れ込みが許される必殺技」は健在。これでも十分にやっていける。
他のキャラと違って2Bが下段の代わりに必殺技キャンセル不可、遠距離Bがキャンセル可能となっている。そのため必殺技による追撃こそできないが、発生の早い下段攻撃を持っていることとなり、中距離での牽制合戦では強みを発揮する。
また6Cは溜めることも可能で最大溜めで当てればガークラとなりそこから追撃可能。相手がB系統で咎めてくるようであれば、早めに放って崩撃コンボにも持っていける。キャンセルもできるためちょい脅しで見せていくだけでも効果はあるぞ。
弱点としては、プレイヤー人口が多く、また長く使われてきたためプレイヤー間で対戦慣れされていることだろうか。

迷ったらとりあえずこの三人から選んでいけば間違いではない。
いわゆる「恋姫のお作法」に慣れてきてから、使いたいキャラをじっくり選んでいくのもアリだ。

最近の都内の恋姫事情

秋葉原レジャランからどういうわけか締め出しを食らったため、これまでの曜日ごとの対戦会は全て新宿西セガへと移動となった。
月曜日20時からフリプ
水曜日20時から対戦会
また月例大会も同様に新宿西セガで開催されるようになった。

木曜日の対戦会は引き続きセントラル八王子で変わっていない。

まるでDV受けてる嫁か被虐待児のような人々

野球と政治の話はツイッターでするなというが、我慢ならんのでブログに書いてみる。どうせいいでしょ。このブログのアクセス数少ないんだし。見ている人を啓蒙するでもなく説得するでもなく、ただ俺の不平不満の感情論を書き散らしているチラシの裏なので、文句言われる筋合いはない。
あとアルコール入ってるし。ウイスキーおいしい。
あとまぁぶっちゃけると俺は純粋な日本人じゃなくて、混ざり者のまがいものなのよ。そんなまがいものだから、自分のルーツなんて無いようなものだし、だからなのか国粋だのなんだのとそういったものに対する感覚というもの自体がない。
まがいものには愛する国もないのだから。純血の日本人様いわく国を愛する資格も無いようだから。

森友だの働き方改革だの愛国だの以前の問題なんだよ

俺としては渡邉美樹を飼っている時点でもう自民党はアウトなんだよね。
だって、渡邉美樹を自分らの中にコミットしているということは、それはもうワタミのようなブラック企業の存在をお国が認めていることでしょう。これがアウトじゃなくて何がアウトなのか。ワタミ氏ね。
で、なんで俺があの腐れサイコを蛇蝎のごとく憎悪してるのかと言うと、何を隠そう、俺はあのワタミ奴隷養成夢学園の出身なんだよね。文京区の白山にあるアレだよ。最近建て替えたみたいだけど、俺が在学中の時は収監所みたいなとこだったよ。
ちなみに俺の在学中にワタミのせがれが生徒会長になってました。どうせ票いじったんだろ?
他にも無茶苦茶な校則を作り、教員を大量に解雇、挙げ句には自分の本を強制的に購入させるなど、そんなこんなの諸々が積み重なり、ファッキンワタミが信条になった。

さて今日騒がせている働き方改革。というか働かせ方改革だなこりゃ。
自民党が満を持して登場させたのがブラック企業の代名詞とも言える渡邉美樹だ。馬鹿じゃねえの。労働問題の審議の場にこいつを出させたあたりで、もう安倍のイカレっぷりが見て取れる。

空いた口が塞がらない。
イカれてんだよ。イカだよイカ。英語で言うとスクイード
繰り返すが、俺としては渡邉美樹なんぞを飼っている時点で自民党はもうアウトだし、こいつを自民党が抱えている時点で自民党の連中が考えてることも透けて見えてダウトだ。
加害者意識の全くないサイコパスをこういう場に立たせる、これが自民党の総意とみてよろしいな。氏ね。

フールジャパン

なにより、表現規制に躍起になっている時点で、お上の皆様がたが自国の強みを理解していないことがわかるし、そういった自国の強みを自分で潰そうとしている時点でもう国賊でしょう。なにがローゼン大臣だ。
クール・ジャパンってどうなった? 結局ペーパーカンパニー建てて官僚たちが甘い汁啜ってただけだね。
習近平金正恩安倍晋三マンセー

殴って財布の中身を抜き取っていく奴を愛してる人々

ドMかよ。もしくは虐待してくる親をかばう幼児かよ。
ランボーも観たことないのかよ。

好きにするがいいさ

個人的には枝野さん個人には期待している。

これに行き着く

f:id:kazutakaTohri:20180317222010j:plainf:id:kazutakaTohri:20180317222010j:plain
おかねもちになりたい

冷静になってみて

冷静な自分の考えとしては、この記事で全部語ってくれている
https://glorificatio.org/archives/2993
https://glorificatio.org/archives/3000

http://tyoshiki.hatenadiary.com/entry/2018/03/15/083000

好きにエロ漫画や薄い本が読めてエロゲができて、景気がよくなって定時で帰ることができて、世のお父さんが子供と過ごす時間が増えて、

「愛国」という名の亡国論 ―「日本人すごい」が日本をダメにする

「愛国」という名の亡国論 ―「日本人すごい」が日本をダメにする

バーチャル大洗を戦車でぶらっと流す「ガールズアンドパンツァー・ドリームタンクマッチ」

実質アニメ新作とも言えるボリューム

PS4版「ガルパン」が発売されましたね。ぶっちゃけたところ、キャラゲーにおけるバンナムは3割打者といったところなので期待半分不安半分なところだった。あと野球で3割打てれば一流だけど、ゲームメーカーで3割打者では困る。
プレイしてみたファーストインプレッションとしては、後述する不親切なシステムさえなければ「ガルパンキャラゲーとして決定版」と太鼓判を押せるくらいに楽しい。

モードとしては、劇場版での戦いを実際にプレイしながら振り返る「感想戦モード」
それぞれの高校を選択して5回の勝ち抜き戦を行う「争奪戦モード」
用意された特定のシチュエーションで戦う「エクストラモード」
といった3つのモードが用意されている。

感想戦モードでは劇場版の話を追っていくという遊び方になるが、ゲーム中ではみほ以外のライバル校側での視点でプレイすることも可能なので、新鮮な気持ちでプレイできる。
劇場版を見ていることを前提でストーリーが進むけど、どうせガルパン見てる連中は映画館で何度も見てると思うので、まぁそこは問題無しかと。

大学選抜のルミが継続高校出身という情報が確定したり(元々ドラマCDではそれっぽいことを言っていた)、ケイとサンダース出身のメグミの絡みがあったりと、絡みがありそうでなかったキャラたちの会話も繰り広げられるので、このあたりもとても楽しい。ドラマCDで言及されていた要素も拾われているあたり、しっかりガルパンという作品を大切にしているのが伝わってくる。
会話シーンがフルボイスな上に感想戦そのものも結構長く、内容も劇場版の行間を埋めていくようなものなので、実質ガルパン本編の新作とも言えなくもないくらいのボリューム。

争奪戦モードはいわゆるアーケードモードのようなもので、各校それぞれ一つを選択して5回勝ち抜いていく。
ここではサンダースと継続という全く関係のない学園同士の会話が見られたり、逆に黒森峰と継続という関係する要素はアニメでちょろっと語られてたけど、本編では描写のなかった学園同士でのやり取りも拝める。

エクストラモードは課題をクリアしていくモードで、最初から自機が決められていたりなど条件がある。テレビ本編を彷彿とさせるシチュエーションがあったり、マウス5両に対しこちらは自機1両で戦うという無茶苦茶なものまである。あと巨大ボコが出て来るのもこのモード。「ボコがんばれー」と言いながら、砲撃する西住殿の若干のサイコ感。

システム的には厳しいところも

ただシステム面では以下の点で不親切さが目立ってフラストレーションがたまりがち。このあたりがやっぱりバンナムキャラゲーの駄目なとこが出てしまっている。具体的にはこんな感じ
・争奪戦で継続高校を選ぶと、こちらが1両のみの実質的な縛りプレイを強いられる。そこはモブでもいいから配慮してほしかった。
・ミッション中にリトライができない。
・一度クリアしないと会話パートはスキップできない
・早送りができるが、その早送りもそんなに早くない。
・ミッション中に会話パートが挟まれるとゲーム自体がストップするのでテンポが悪くなる
・負けてもその場でコンティニューができない。争奪戦だとこのせいで難易度が高くなってくる
PS4によるTwitchなどへの配信ができない
ぶっちゃけPS4も出てしばらく経っているのに、いつまでもこういう不親切さが目立つのはどうかと思うよバンナムさん。

最終章もまだ控えてるしね?

DLCでBC自由学園やリボンの武者勢も出てはほしいけど、ボリュームとしては厳しいかな。
初回版がどこも売り切れになってるようなので、最終章が落ち着いたら次回作も期待できそう。
あと忘れちゃならないのが、大洗の町並み。ゲーム中の大洗の街もほぼ完全に再現されている。バーチャル大洗を戦車で流すこともできるよ。

あけまして2018年の目標

あけましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいします。
気づいたら、1月も半分が過ぎてたよ。
今年はSSや応募原稿だけでなく、ブログのほうも積極的に書いていこうと考えている。
というのも昨年末に文章を書いてお金をいただくという経験をしたからだ。
初めてのことで、右も左もわからず終いには請求書の書き方まで指摘される始末だった。
書いた内容も分量のはっきり言って大したものではないが、自分の文章が金になるということは初めてのことで、それなりに恐れやプレッシャーというものも感じた。
その中で、人に読んでもらう文章を書くということを強く意識することになった。そんなこともあって、このブログをその練習台のようなものにしていこうと思った。
このライターの仕事もできることならコンスタントにやっていきたいなあ。クライアント次第だけど。

一人暮らし

職場が変わって、今までの臨海地域や埼玉の僻地と打って変わって新宿のど真ん中になった。
で、きついのが通勤。行きも帰りもラッシュの時間帯ど真ん中なものだから、仕事よりも通勤のほうがくたびれる。
このままだと、また新しく始めた職場も長続きしそうにないので、6月にボーナスが出た頃を目安に都内に引っ越そうと思ってる。
ただ、今の自分の出費を考えると、一人暮らしやっていけるのかなぁという不安も。
もっと稼ぎたいんだけどなぁ。

ゲームライター

前述したライターの仕事は何を隠そう、ゲームライターのことだ。
といってもがっつりとしたレビュー記事や評論などではなく、本当に簡単なゲームの紹介記事だった。正直、最初だからそういうので助かったと思うけど。
納品した原稿もほとんど手を加えられずに掲載されて、クライアントが求める水準もクリアできていたいようでなにより。
できることなら、副業としてがっつりやっていきたいと思ってる。

ブログ引っ越し

VPSWordPressを突っ込んででのブログ運用を考えている。
というのも、今のはてな界隈ってあんまり精神衛生上良くないね、と思うようになってきた。1回もバズったことのない人間が何言ってるんだっていうのもあるけど。
それと、これから色々挑戦していってその結果がどうなろうと、インフラエンジニアとして生きて行くことには変わりはなさそうなので、自分のサーバーを持っておいたほうが良いかなとも思ったので。
近いうちにやります。

プログラミング

昨年からちまちまPythonを勉強してる。
新しい職場の周囲を見る感じ、プログラマー35歳定年説というのは眉唾なんだなと思ったけど、それ以上にフルスタックで色々やれるようにしなければ生き残れないんじゃないかと思うようになってきた。あとweb系にも興味がある。
お金が貯まれば、フリーランスエンジニアのスクールにでも通ってみようかなと思ってる。
コードが書けるようになれば、道が拡がるとも知人が言っていたので。

ダイエット

見事に肥えました。そんなに変わってないようで、昔の写真と比べるとやっぱり顔周りがちょっと丸くなってるな、と。それでなくても腹回りもだいぶ余り肉が発生している。
学生時代は腹筋割れてたんだけどなぁ。
というわけで、今度ランニングシューズを買ってこようと思う。3000円くらいかな。


あんまり自分の年齢はネットとかで晒したくはないけど、そろそろ腰を据えて決断をしたり、結果を出さないといけないお年頃。いくら晩婚化が進んでいるとはいえ、いつまでも子供じみた生き方をしていくわけにはいかない。金銭的にも考え方もしっかりとした大人になりたい。しっかりとした大人というのが具体的にはまだどんなものなのかわかったものではないけど。

ハチクロ」に「好きな女が困った時に休んでいいよ、と言ってあげられるくらいの金を持っていたい」といった趣旨の台詞があった。そういう考えを大切にしたいと思う。

とにかく今年は金貯めたい。守銭奴のように……金……!

2018年初っ端からやべーやつ「カンフーヨガ」

中国4000年の歴史とインドの神秘にひたすら脳を殴られているような映画だった。
kungfuyoga.jp
面白かったことには変わりはないけど、「俺は一体何を見ていたんだ」とある種の虚無感にも襲われている。
なんかもう説明するのが馬鹿馬鹿しくなるほどカオスである。

まず開始数秒でいきなり始まるインド無双。
インド神代の時代に、ジャッキー扮する中国の武将とインドの武将が悪いアルジュナの軍団相手に大暴れといった具合だ。チャイナマネーでコーエーの頬をぶん殴ったらこんな感じなんだろうか。本家無双以上にハチャメチャなアクションで掴みはOK。

そんなプロローグを経て、現代中国へ。
今回のジャッキーは高名な考古学者といったところ。毎度の如く、何故かカンフーの達人でもある。
インドの美人考古学者の依頼でジャッキーはインドと中国との国境線にある崑崙山へ、秘宝の発掘へ向かう。
余談だけど、ジャッキーの助手といい甥といい、悪役のアルジュナの子孫を自称するインド人といい、基本的にいい男しか揃えていない。特に悪いインド人はむわってするようなエロスを常時開放してるもんだからたまったもんじゃない。無論、女優も美人ぞろいだった。
そうして、発掘を進めるジャッキーたちを秘宝目当てに襲いかかる悪いインド人。そんなこんなでジャッキーたちの中国とインドを股にかけた大冒険の始まり始まり。
ところで、なんでジャッキーとジョーンズは狼相手にカンフーの演武を見せたのか全くわからない。

映画の国インドも制作に協力してるだけあって、とにかくロケ、特にドバイでのカーチェイスは金をかけた凄みがある。走る車全部が高級車。そんな高級車を片っ端から壊しまくるカーチェイスからの、悪いインド人が横転しながらかっ飛んでいく車のドアが下になったところでドアを開けて降りてくるスタイリッシュ降車のシーンで、「もう馬鹿じゃねーの」という褒め言葉しか出なかった。

とにかく脚本はガバガバだ。というかまずタイトルからしてツッコミ待ちだ。「カンフーヨガ」って。
決してセンスの悪い邦題なんかではなく、原題からして「カンフーヨガ」なのである。
助手のイケメン設定どこいった? あのライオンは結局なんだったんだよ。なんで狼の前のカンフーやってるの? というか秘宝である大事な木簡で殴るなよ。あとあのおっさんいきなり出てきたけど誰だよ!?
もう辺り構わずボケ散らかしていく。
でも面白いから仕方ないんだよ。映像的におもしろけりゃいいんだよ!という暴力が数分に一度襲い掛かってくる。

トドメはインド映画といったらダンスだろと、ラストでぶち込まれるダンスだ。
問題解決したから、とりあえず踊っとけ!といった具合に突然に踊りだす。脈絡も敵も味方も関係ない。
もう、お口半開き。でもジャッキーが満面の笑みでニコニコしながらダンスしてたからこれで良いんだと思う。

だが、カンフーヨガはまだ終わっていない。極めつけは、エンドロールだ。
尺が余ったのか、あるいは尺にぴったりの曲が見つからなかったのか、エンドロールの後半2分くらいはいきなりの無音だった。音も無く流れるエンドロール。堪えきれずに吹き出す観客。初めての映画体験だ。新しすぎる。
そう、カンフーヨガはエンドロールでも脳を殴りにくるのだ。

ちなみにこの後、ガルパン3回目をキメたのだけど、全く集中できなかった。
戦車の中にライオンがいたらどうしようとヒヤヒヤしたし、なんだったらラスト5分で大洗女子がインドダンスするかもしれなかとも思った。

最後に。
ジャッキーは作中でこう言っていた。
全ては空(くう)である。あらゆるもは実体がなく空である。
つまりはそういうことなんだろう。